多方面で活躍できる仕事|ピアノレッスンを習えば将来の道が増える!

ピアノレッスンを習えば将来の道が増える!

多方面で活躍できる仕事

女性

指定の養成所とは

言語聴覚士になるには国家試験に合格して資格を取得する必要があります。試験の受験資格を得るには文部科学大臣指定の養成学校である大学か短大、もしくは都道府県知事指定の言語聴覚士養成所である専門学校を卒業する必要があります。指定の短大、専門学校の多くは2年制ではなく3年制になります。言語聴覚士になるために必要な学科を一部履修している場合は、1年制の指定校で学ぶことで受験資格を得られることもあります。言語聴覚士の国家試験の合格率は毎年50%〜60%で、決して簡単な試験ではありません。試験に不合格の場合でも、病院や施設によっては言語聴覚士のアシスタントとして補助業務をメインとしてアルバイトとして働けるところもあります。

学ぶ内容とは

大学や短大で言語聴覚士の受験資格が得られる学科の名前は言語聴覚療法学科の他に、リハビリテーション学科や歯科衛生士学科などさまざまにあります。また言語聴覚士のニーズの高まりに伴って、聴覚士を目指せる学校は増えてきています。学ぶ内容は共通しているものの、どこに重点を置いているかなど、学校によって特色は異なります。専門学校では一般的により実践的な内容、働きだしてすぐ役立つ技術を集中的に学びます。また四大に行くより1年早く社会に出て実戦で経験を積むことができます。四年制大学では専門科目だけでなく一般教養科目も学びます。短大、専門学校より時間に余裕があるぶん、関連した他の分野まで知識を深めることができます。四大でも短大でも専門学校でも指定の課程をきちんと履修していれば、等しく受験資格は得られます。どの学校を選ぶかは、学校案内などで特色をよく知り慎重に選ぶようにしましょう。

Copyright © 2017 ピアノレッスンを習えば将来の道が増える! All Rights Reserved.